そろいの水色のベストを着てごみを拾う参加者たち

 【大田原】自然の恵みに感謝しながら自然環境を守る活動「トヨタソーシャルフェス!!2018プレゼンツ~那珂川クリーンアッププロジェクト~」(下野新聞社、県なかがわ水遊園共催)が10日、佐良土の同園東側の那珂川河川敷で開かれた。

 同フェスは那珂川の魅力と環境保全の大切さを知ってもらおうと年2回実施。2回目の今回は「清流『那珂川』をきれいにし、遡上(そじょう)するサケを守ろう!」と銘打って行われ、親子連れや高校生ら約150人が参加した。

 そろいの水色のベストを着た参加者は河川敷沿いを歩きながら、ビニールやプラスチックなどのごみを次々に拾い上げた。