県内は4日、各地で気温が上昇し、宇都宮地方気象台によると午後3時現在、県内に14ある全観測地点で今年最高を記録し、軒並み6月中旬から7月上旬の陽気となった。

 最高気温は佐野で27.7度を記録した。他の地域も小山27.1度、宇都宮26.8度など、県内8地点で25度以上となり、県内で唯一20度を下回った奥日光でも、平年より10度以上高い18.2度で、6月下旬並みの暖かさだった。