プロ野球オリックスのドラフト1位ルーキー田嶋大樹(たじまだいき)投手(21)=佐野日大高−JR東日本=が31日、福岡市のヤフオクドームで行われたソフトバンク戦で初先発し、5回1安打1失点と好投、今季の新人一番乗りとなるプロ初勝利を挙げた。

 プロ初登板の田嶋は初回1死から先制のソロ本塁打を打たれたが、許した安打はこの1本のみ。その後は制球に苦しみながらも要所を締め、球数が100球を超えた五回終了時点で降板した。

 オリックスは1−1の同点で迎えた六回、ロメロの2ランなどで3点を勝ち越し、七回はマレーロが満塁本塁打。前日の開幕戦で1安打完封負けしたが、8−4で今季初勝利を収めた。