8日午後6時55分ごろ、那須塩原市太夫塚3丁目のJR宇都宮線の線路で、同市、会社員女性(25)が小金井発黒磯行き下り普通電車にはねられ死亡した。

 那須塩原署とJR東日本によると同線は宇都宮-黒磯駅間の上下線で運転を見合わせ、約1時間10分後に再開した。上下3本が区間運休し、同5本が最大1時間12分遅れ、約2700人に影響した。