宇都宮地方気象台は21日午後5時7分、「大雪に関する栃木県気象情報」を発表した。栃木県内では22日朝にかけ、北部で大雪となる所があるとしている。

 22日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多いところで、北部山地25センチ、北部平地8センチ、南部山地10センチ、南部平地1センチ。気温が予想より低い場合、降雪量が増える可能性がある。

 雪による交通障害や、電線や樹木への着雪、雪崩などに注意を呼び掛けている。