宇都宮市内の宇都宮共和、作新学院、文星芸術、帝京大宇都宮キャンパスの私立大4校と宇都宮市、宇都宮商工会議所などは8日までに、連携して同市内の中小・中堅企業への就職支援に取り組む「地域就職支援センター」を立ち上げた。学生と企業をつなぐ場として、大学と企業の担当者同士の情報交換会や学生への合同説明会などを開催する。人手不足とされる中、学生の就職とともに地域企業の雇用支援も進める。

 同支援センターは、私立大4校や宇都宮大などが連携して昨年10月に発足した「宇都宮市創造都市研究センター」の事業の一つで今年10月1日付で設置された。期間は2021年度まで。

 大学、同商議所、宇都宮市で構成し、連携しやすく効果的な活動ができるとして宇都宮市内を範囲に活動する。運営会議を月1回ペースで開いて議論し、大学側と企業側の情報交換やインターンシップのあっせん、学生向けの中小・中堅企業の合同説明会、個別面談の開催などを予定する。