自転車ロードレースのJプロツアー(JPT)第3戦「修善寺ロードDay−1」は17日、静岡県伊豆市の日本サイクルスポーツセンターサーキットコース(1周8キロ×10周=80キロ)で行われ、宇都宮ブリッツェンは岡篤志(おかあつし)の4位が最高で、開幕3連勝はならなかった。

 起伏が激しいコースで、出走106人中で完走は約半数の55人。序盤からアタックと吸収を繰り返し、徐々に人数を減らしながら周回を重ねた。

 岡は序盤から積極的に動き、終盤に十分な脚力を温存できなかった。昨季チーム総合優勝のマトリックスパワータグが今季初参戦し、個人総合連覇を狙うホセ・ビセンテがゴールスプリントを制して優勝を飾った。

 ホンダ栃木は平塚佑亮(ひらつかゆうすけ)が16位と健闘。那須ブラーゼンは柴田雅之(しばたまさゆき)の22位が最高だった。

 JPT第4戦は18日、同コースで「修善寺ロードDay−2」(1周8キロ×15周)を行う。