【真岡】4月からの大型観光企画「デスティネーションキャンペーン(DC)」に合わせ、市と市観光協会は同月8日、台町のSLキューロク館でオープニングイベントを開く。圧縮空気で約30メートル自走する動態展示整備が完了したSL「D51−146号」(D51)の初運行や、イチゴに関連した企画が目玉。6月までのDC期間中には、こいのぼりを飾る催しなども初開催する。切れ目なくイベントを仕掛け、期間中の誘客促進を狙う。

 15日の定例記者会見で石坂真一(いしざかしんいち)市長が明らかにした。