任期満了に伴う25日投開票の那須町長選は20日の告示まで残り5日となった。3選を目指していた現職の高久勝(たかくまさる)氏(62)が昨年9月下旬の立候補表明後に脳内出血の疑いで倒れ、無投票の観測さえあった様相が一変した。高久氏は今年1月上旬に再度出馬表明したものの、2月上旬に断念。いずれも無所属新人で、1月末に立候補表明した会社役員平山幸宏(ひらやまゆきひろ)氏(55)と、高久氏の後継として急きょ出馬表明した農業大島光行(おおしまみつゆき)氏(64)の共に自民系で町議会議長経験者による一騎打ちの構図となった。

 「町長はじめ、支持者の無念を背負う…」。2月7日夜、町内で開かれた高久氏の後援会臨時総会後の記者会見。出馬断念の意思を明らかにした高久町長の傍らで、後継指名を受けた大島氏が硬い表情のまま決意を語った。この1週間前、平山氏は既に立候補を表明しており、選挙戦の新たな構図が定まった。

 「急変」の端緒は、商工会などの経済4団体などが主催した1月11日の町新春懇談会。高久氏があいさつした直後からだ。

 昨年9月に病に倒れた高久氏は、12月定例町議会で公務に一時復帰。左手足などに後遺症はあるが回復への手応えも感じ、1月7日夜の後援会総会後に「町民の不安は承知しているが出馬して判断を仰ぎたい」と改めて立候補を表明した。

 高久氏は4日後の新春懇談会でも出馬への強い意欲を述べた。が、病の後遺症からか時折言いよどむ姿に「想像していた姿と違う」と戸惑う参加者も。体調面を不安視する声が急速に広がり、以降「進退」の臆測が飛び交うようになった。

 こうした中、1月下旬ごろから元議長の平山氏の出馬に向けた動きが表面化。同28日に自身の後援会を開いて立候補を決定し、高久氏の勇退表明1週間前の同31日に記者会見。「現町政の批判でなく、良いところは評価し足りない部分は補う」と強調した。しかし、阿部寿一(あべとしかず)県議や数人の町議に加え、8年前の町長選で高久氏と争った佐藤正洋(さとうまさひろ)前町長が支援するほか、高久氏の後援会から平山氏支援に回った関係者もおり、「反町長」としてまとまりを強める。

 大島氏の擁立は、勇退を決意した高久氏の意向を受けた町長派の町議らで進められた。その間に対立候補となる平山氏が出馬表明し「時間との戦い」を迫られる中、当時議長で高久氏の後援会幹事長を務めていた大島氏に一本化した。

 高久氏の後援会を母体にし、会長には高久氏が就任。斎藤剛郎(さいとうごうろう)県議をはじめ、町議14人中8人が支持するなど、「現職の後継」の強みを生かした態勢づくりに力を入れる。