野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は4日、昨年11月のリーグドラフト会議で指名した田鎖颯(たぐさりそう)内野手(18)の退団が決定したと発表した。体調不良が理由で本人から申し出があったという。

 田鎖は矢板中央高3年時に主砲として春夏の県大会8強入りに貢献。昨年10月にプロ志望届を提出、同11月のBCリーグドラフト会議で地元枠で栃木GBに指名された。

 また、栃木GBは同日、今季の主将に大田原高出の野崎新矢(のざきしんや)内野手(24)の就任と、新山進也(にいやましんや)内野手(18)=神奈川県出身、長野・松本一高=との選手契約を解除し、練習生契約とすることも発表した。