矢板市議会は7日、臨時議会を開き、エコモデルハウスの運営を巡り、地方自治法100条による調査特別委員会(百条委員会)を柱とする「政治介入調査に関する決議」を可決した。

 一方、同施設に関して調査する特別委員会で言動が問題視されていた伊藤幹夫市議が6日、議員辞職願を議長に提出し、許可されていたことが報告された。