児童らに演奏を披露する大嶋さん

 【日光】大室小はこのほど、同校体育館で日光観光大使の音楽家大嶋浩美(おおしまひろみ)さんの演奏会を開いた。児童ら約350人がクラシックなどの演奏を楽しんだ。

 大嶋さんは市内在住で、国内外で音楽活動を行っている。同校の依頼で演奏会が実現した。

 この日は「ピアノで巡る世界の国」と題し、ピアノとバイオリンを使い、日本、ドイツ、ポーランドの音楽を計9曲披露。「赤とんぼ」など日本の童謡3曲は児童も合唱した。ドイツの作曲家ヨハン・パッヘルベルの「カノン」などなじみのある曲もあり、児童らは演奏に聴き入っていた。森友、6年仁平明花(にだいらあかり)さん(12)は「迫力があって、きれいな音色でした。これだけすごい演奏に憧れます」と笑顔で話した。