「とちぎ小江戸ブランド小中学生調理レシピコンテスト」の募集チラシ

 【栃木】市の「とちぎ小江戸ブランド」に認定された食品を使ったレシピを募集する「とちぎ小江戸ブランド小中学生調理レシピコンテスト」(栃木地区農業教育連絡協議会主催)が初めて行われる。使用食材は大平カボチャや宮ネギなど自慢の農畜産物ばかり。地場産の魅力を子どもたちが“おいしく”表現できる絶好の機会だけに、同協議会は多くの小中学生の挑戦を待っている。

 「とちぎ小江戸ブランド」の食品は、現状ではあまり消費者に認知されていない。そこで将来を担う子どもたちに市内の農畜産物を知ってもらい、地域の魅力を再発見してもらおうと企画。知名度向上や食育の推進などが狙いだ。

 対象は市内の小中学校に通う児童生徒。使用する食品は独自性や安全性が認められた市内産の大平カボチャや宮ネギ、ブドウ、水菜など23品。とちぎ和牛なども対象になっている。