宇都宮地方気象台は28日午後5時20分、「雷と突風及び降ひょうに関する県気象情報」を発表した。県内では、3月1日明け方から昼前にかけて、大気の状態が非常に不安定になる見込みで、落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうなどに注意するよう呼び掛けている。

 北部の積雪の多い地域では、1日にかけ気温が上昇するため、雪崩への注意が必要という。