日本相撲協会は26日、大相撲春場所(3月11日初日・エディオンアリーナ大阪)の新番付を発表し、小山市出身の貴源治が東十両10枚目に、同じく小山市出身で貴源治の双子の兄、新十両の貴公俊が東十両14枚目となった。双子関取は史上初。