設立総会であいさつする県警の岡警備部長=5日午前、県警本部

 2020年の東京五輪や22年の栃木国体などを見据え、県警は5日、県内の商業施設などと連携してテロ対策を推進する「とちぎテロ対策ネットワーク」を設立した。この日、県警本部で設立総会が開かれ、約60人の参加者が情報共有など同ネットワークの目的や、テロ対策の重要性などを確認した。

 県警と県内の商業施設など25の関係団体や事業者で構成。薬局などで大量の化学薬品の購入者がいた場合に店側が警察に通報して情報を共有し、他の店で関連商品の購入を防いだり、購入者やその移動ルートを迅速に特定したりするという。また訓練なども予定している。