「渋谷ロフト」に設けられた19年度版の県民手帳売り場=1日午前、東京都内(ロフト提供)

「渋谷ロフト」に設けられた19年度版の県民手帳売り場=1日午前、東京都内(ロフト提供)

「渋谷ロフト」に設けられた19年度版の県民手帳売り場=1日午前、東京都内(ロフト提供) 「渋谷ロフト」に設けられた19年度版の県民手帳売り場=1日午前、東京都内(ロフト提供)

 東京都内の店舗などで全国の県民手帳を販売する生活雑貨店「ロフト」は5日までに、40県分を扱った2018年版の売り上げ数ランキングを発表した。1位は千葉県で、本県は過去5年間で最高の12位に入った。

 ロフトによると、13年版から県民手帳の販売を開始。客の注目度も高いといい、取り扱う数も年々増えている。18年版は渋谷と銀座、千葉市の3店舗で販売し、17年11月~18年5月の売上数を集計した。

価格は税込みで通常判540円、ポケット判432円。