日本バスケットボール協会は6日、FIBAワールドカップ2019アジア地区1次予選Window2に向けた日本代表予備登録選手24人を発表し、栃木ブレックスからは田臥勇太が選ばれた。22日のチャイニーズ・タイペイ戦(横浜市)と25日のフィリピン戦(マニラ)は、各試合前日の代表者会議で絞られた最終メンバー12人で臨む。