2018年度とちぎデザイン大賞最優秀賞の「Eたんか」

 県は5日、県庁昭和館で2018年度県優良デザイン商品(Tマーク商品)選定証交付式・とちぎデザイン大賞表彰式を行った。

 Web写真館に別カットの写真

 県内中小企業から応募のあった20社26商品からTマーク商品8社8商品を選定した。このうち優秀な5商品をとちぎデザイン大賞とし、緊急災害医療資機材の3DS(宇都宮市宮園町、林洋克(はやしひろかつ)社長)の折り畳み式布担架「Eたんか」が最優秀賞に輝いた。

 災害や緊急時に簡単に使えるEたんかは、3重構造不織布で、体重100キロまでの体の不自由な人やけが人を安全に搬送できる。

 このほかの受賞・選定デザインは次の通り。

 とちぎデザイン大賞優秀賞 「Pack the Pack」(岸印刷、栃木市)、「BEERMUG FOR KIDS」(サカエ工業、栃木市)、「日光ひのきバステーブル」(めいじ屋、鹿沼市)、「感震ブレーカー 震太郎」(大和電器宇都宮工場)▽県デザイン協会賞 「藤花園子シリーズ(藤細胞水バスソルトなど)」(シーラン、足利市)▽Tマーク商品 「紗靱紙」(栗田煙草苗育布製造、佐野市)、「日光葵三猿最中」(日昇堂、日光市)