那須塩原市の中心部などで3日未明から4日未明にかけてイノシシが相次いで目撃されたことが4日、同市農林整備課への取材で分かった。市中心部で1日に複数目撃されるのは珍しいという。那須塩原署が警戒している。

 同課によると、目撃情報が寄せられたのは同市内の7カ所。3日午前3時ごろと同6時5分ごろ、同市豊町の永教寺付近など2カ所で2頭が目撃された。1頭は体長約60~70センチで、もう1頭はやや小さかったという。同日夜から4日未明にかけては、西新町、住吉町、末広町、南郷屋2丁目付近などで1頭が目撃されている。

 いずれも人的被害などはないが、同課は「イノシシを見掛けたら、近寄らずに離れてほしい」と注意を呼び掛けている。