都内女性へ上三川PR 赤坂の施設に町が出店 特産品料理を提供

 【上三川】JTBパブリッシングが昨年オープンした東京都港区の飲食店「るるぶキッチンAKASAKA」で18日から、町を特集した企画が開催される。主に若い女性をターゲットに国産ワインと合う全国各地の食材を使ってアレンジした料理を提供し、その地域へ足を運びたくなるようなきっかけをつくる狙い。県内自治体を特集した企画は初めて。

 るるぶキッチンは「赤坂バル横丁」内に昨年6月開店。旅行情報誌「るるぶ」の編集者が全国で見付けた、とっておきの食材や料理を提供するご当地連動型バル。町は昨年「るるぶ特別編集 上三川」を初めて作製。現在はかみのかわブランド認定商品の選定を進めるなど、全国への情報発信に力を入れている。

 るるぶキッチンの特集企画は昨年9月から本格化。今回は同店のシェフが町の特産品であるイチゴやかんぴょう、「かみのかわ黒チャーハン」のソースを使った料理を開発。「かみのかわ黒チャーハンのライスコロッケ」「かんぴょうチップス」など6品が味わえる。値段は480園~680円(税別)。