サプライズで特製ヘッドマークを受け取る新郎新婦=4日午後、日光市内

 東武鬼怒川線を走るSL「大樹(たいじゅ)」を利用した結婚式「東武鉄道SL『大樹』ウエディング」が4日、日光市今市の下今市駅などで行われ、東京都中央区、会社員石井健三(いしいけんぞう)さん、智子(ともこ)さん夫妻が永遠の愛を誓った。

 Web写真館に別カットの写真

 東武百貨店池袋本店が体験型福袋として企画し、昨年末から今年の正月にかけて購入希望者を募集。12組の応募の中、石井さん夫妻が当選した。

 夫妻は2016年11月に結婚後、挙式しておらず、2人ともSLが好きだったため応募した。

 この日は同駅構内の転車台広場で「誓いの言葉」を述べ、結婚証明書にサイン。その後、大樹に乗車し鬼怒川温泉駅まで移動。車内ではヘッドマークを模した結婚を祝うプレートを持ち、記念撮影などを行った。

 大樹に見守られながらの結婚式に健三さんは「汽笛などが迫力があり、新鮮な体験」と話し、智子さんは「家族旅行も兼ねて来られて、幸せな時間を送れた」と笑顔を見せた。