紅葉した渓谷を進むライン下りの和船=4日午後、日光市の鬼怒川温泉街

 日光市の鬼怒川温泉街で、イチョウやミズナラが黄色やオレンジ色に染まり、紅葉が見頃を迎えている。

 Web写真館に別カットの写真

 同市鬼怒川温泉滝の楯岩展望台からは温泉街を一望でき、紅葉目当ての観光客らでにぎわっている。

 東武鬼怒川温泉駅近くの乗船場から大瀞(おおとろ)港まで約6キロ。鬼怒川を和船で下る「鬼怒川ライン下り」はこの時季、紅葉を楽しむ利用者が多いという。

 4日も県内外から多くの観光客が利用。友人グループでライン下りを楽しんだ新潟県阿賀野市北本町、小学校教員小島恵子(こじまけいこ)さん(53)は「川の上から見上げる紅葉がきれいでした」と楽しんでいた。

 市観光協会によると、紅葉は今月中旬まで楽しめるという。