年末年始を古里や行楽地で過ごした人たちのUターンラッシュが2日、始まった。県内の高速道路は同日午後から上り線で渋滞が発生した。混雑は3日も続く見通し。

 日本道路交通情報センターによると、県内の東北自動車道上り線は2日午後5時ごろ、上河内サービスエリア(SA)から矢板北パーキングエリア(PA)で17キロの渋滞となった。午後6時半ごろには羽生PA(埼玉県)から岩舟ジャンクションまで21キロ渋滞した。

 3日の東北道上り線は午後4時ごろに西那須野塩原インターチェンジ付近を先頭に10キロ、上河内SA付近を先頭に5キロの渋滞が予想されている。午後5時ごろには羽生PAを先頭に20キロの渋滞が見込まれ、本県内にも影響するとみられる。