11月下旬から販売される新商品「穂のキセキ」のイメージ図

 JA全農とちぎは2日までに、若い世代にもコメに興味を持ってもらおうと、県オリジナル品種の「なすひかり」と「とちぎの星」を合わせた新商品のブレンド米「穂のキセキ」を県内高校生らの協力を得て商品化し、今月下旬から販売する。

 次世代を担う県内の若者にコメを本県農業の主力品目だと改めて認識してもらうのが狙い。新商品の愛称パッケージは県内の高校生、大学生などから公募し、商品化に協力してもらった。