社会福祉法人「瑞宝会」が運営する宇都宮市西刑部町の知的障害者支援施設「ビ・ブライト」で4月、入所者男性が重傷を負った事件などで、傷害と暴行の罪に問われた同法人元職員の宇都宮市、無職の女(25)と、傷害罪に問われた同施設研修生だった那須町、無職の男(22)の両被告の論告求刑公判が1日、宇都宮地裁(柴田誠裁判官)で開かれた。

 検察側は女の被告に懲役2年6月、男の被告に同2年を求刑。弁護側は執行猶予付きの判決を求めた。