県教員育成協議会(委員長・宇田貞夫(うださだお)県教育長)の本年度2回目の会合が17日、県庁北別館で開かれ、教諭の資質向上に向けた指標案が示された。全体的な教師像を「自信と誇りをもって子どもたちと向き合える教師」と設定。キャリア段階ごとに「教員としての基礎・基本の理解」「同僚からの助言の活用」「指導力の一層の向上」などが掲げられている。

 教員の大量退職・大量採用の影響で、ベテランから若手へのノウハウ伝承が課題となっていることから、同協議会で身につけてほしい指標を検討している。会合の意見を踏まえ、県教委は年度内に教諭、管理職(校長)、養護教諭、栄養教諭、幼稚園教諭の五つの指標を策定する方針。