明治安田J3は12日、第31節の残り4試合を行った。1位栃木SCを勝ち点差1で追う2位秋田、2ポイント差の3位沼津がともに敗れ、栃木SCは首位を維持した。

 第31節終了時点で栃木SCは勝ち点57、2位の秋田は55、3位沼津は54。栃木SCは11日の琉球戦を0−0で引き分け、秋田、沼津の結果次第では3位後退もあった。

 しかし、秋田がC大阪U−23に0−3で敗戦、沼津も長野に0−1で敗れ、勝ち点1を上積みした栃木SCとの勝ち点差は1ポイントずつ広がった。

 栃木SCのJ2昇格決定は最短でも第33節(26日)の長野戦(県グリーンスタジアム)。栃木SCが32、33節を連勝した場合、秋田か沼津のいずれかが1勝1分け以下、仮にこの2戦を1分け1敗で終えても、沼津が2連敗すれば2位以上が確定しJ2昇格が決まる。

 4位鹿児島もわずかに可能性を残すが、優勝争いは事実上、栃木SCを含む上位3チームに絞られ、それぞれ3試合を残すだけとなっている。