【日光】11月は市内各所で毎年恒例の秋のそば祭りが相次いで開かれる。中旬に開催される大規模イベント「2017日光そばまつり」をメインに、市内各地区で新そばのイベントが五つ予定されている。

 4、5の両日は、今市の道の駅「日光街道ニコニコ本陣」で今市手打ちそばの会が主催して「そば喰(く)い稲荷(いなり)新そばまつり」を開催。日光あおい蕎麦(そば)の先行販売があるほか、天ぷらそばなども味わえる。

 この2日間は三依地区で「みよりそば街道新そばまつり」もあり、地元の振興会加盟の7店が出店。12日はふれあいの郷小来川広場で小来川収穫祭「新そばまつり」が開かれ、地場産そばの提供や新鮮野菜の販売がある。

 市内最大規模の「2017日光そばまつり」は17~19日に日光だいや川公園で行われる。北海道や島根県などから23店が出店。特産品販売や素人そば打ち段位認定大会、そば打ち体験教室などもある。併せて、この3日間は市内のそば店25店で「日光市内どこでもそばまつり」も実施される。