プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が26日、東京都内のホテルで開かれ、佐野日大高出、JR東日本の田嶋大樹投手は、西武とオリックスから1位指名を受け、くじ引きに勝ったオリックスが交渉権を獲得した。青藍泰斗高の石川翔投手は中日から2位、白鴎足利高の北浦竜次投手は日本ハムから5位指名を受けた。

 本県関係選手の1位指名は、昨年の今井達也投手(作新高—西武)に続き2年連続。