バレー男子、宮の原が優勝 中学新スポーツ

バレー男子、宮の原が優勝 中学新スポーツ

 県中学新人スポーツは14日、那須塩原市の青木サッカー場ほかでサッカーなどを行い、バレーボールは男子の宮の原が2年ぶり4度目、女子の瑞穂野が3連覇を飾った。バスケットボールは男子の一条が51年ぶり、女子の陽南が8連覇を決めた。

 バレーボールは決勝リーグに進んだ男子の宮の原、女子の瑞穂野が、ともに1セットも落とさずに3戦全勝で優勝。バスケットボール決勝は男子の一条が72−61で清原に快勝。女子の陽南が51−24で一条に圧勝した。

 サッカー決勝は西那須野が2−1で市貝に競り勝って優勝。前半24分、FW西崎瑠時(にしざきりゅうと)のゴールで先制。後半4分に同点に追い付かれたが、後半ロスタイムにカウンターで抜け出した西崎が劇的な勝ち越し点を決めた。