真剣なまなざしで指紋などを採取する参加者たち=30日午前、県警察学校

 県警は30日、宇都宮市若草2丁目の県警察学校体育館で鑑識の技術を競う「現場鑑識活動競技会」を開いた。県内全19署の地域警察官と、鑑識の補助を行う代行者計38人が団体と個人の両種目で腕を競った。

Web写真館に別カットの写真

 成績は次の通り。

 【団体】(1)栃木署(2)大田原署(3)鹿沼署

 【個人】▽鑑識代行者部門(1)高橋孝幸(矢板署)(2)墨野倉康弘(那須烏山署)▽地域警察官部門(1)遠藤貴大(那須塩原署)(2)篠原瑠里(小山署)