ディスプレー部門で優勝した宮沢さん

ディスプレー部門で最高賞を受賞した宮沢さん

ディスプレー部門で優勝した宮沢さん

ディスプレー部門で優勝した宮沢さん ディスプレー部門で最高賞を受賞した宮沢さん ディスプレー部門で優勝した宮沢さん

 【小山】今月都内で開かれた日本最大の洋菓子コンテスト「2018ジャパン・ケーキショー東京」のディスプレー部門で、三峯1丁目のTBC学院国際TBC調理・パティシエ専門学校のパティシエ学科2年宮沢彩花(みやざわさら)さん(20)が、最高賞となる連合会会長賞を受賞した。宮沢さんは「まだ信じられないくらいびっくりしている。友人や先生、家族の支えがあったおかげ」と話している。

 同コンテストは日本洋菓子協会連合会(東京都世田谷区)などが毎年開いており、今年は9~11日、都内で開かれた。あめ細工やショコラなど16部門に、洋菓子づくりを学ぶ専門学生やプロの職人などから計約2千点の応募があった。

 ディスプレー部門には全国から約35人が参加した。縦横40センチの台座と縦80センチ横40センチの木板を組み合わせた空間で、バレンタインの時季にチョコレートを買ってもらうための効果的な見せ方やラッピング方法などを競った。