「魅力度ランキング」栃木県は43位 昨年の46位から上昇 民間調査

 民間調査会社のブランド総合研究所(東京都港区)は10日、「地域ブランド調査2017」を発表した。本県の都道府県魅力度ランキングは43位で、過去最低だった前年の46位から三つランクアップした。また、全国市区町村の同ランキングでは日光市が12位となり、県内では唯一、100位以内に入った。

 同研究所によると、本県に対して「とても魅力的」と回答した割合は前年と比べて0・1ポイント増の1・7%、「やや魅力的」は同5ポイント増の17・3%だった。同研究所の担当者は「栃木県のことを知っていないと魅力的かどうかを判断できないので、魅力度の前提となる周知度が上がりランクアップに貢献したのではないか」と説明した。

 また、市区町村別の県内最高位は日光市の12位だったが、昨年から順位を一つ落とした。このほか、那須塩原市は132位、宇都宮市173位、足利市307位だった。