横断歩道の前でドライバーに一時停止を呼び掛ける警察官ら=29日午後、宇都宮市本町

 信号機のない横断歩道で車が一時停止した割合が、本県は全国で最下位だったことが29日までに、日本自動車連盟(JAF)の調査で分かった。全国平均が8・6%だったのに対し、本県は0・9%にとどまり、都道府県で唯一、1%を割った。道交法でも義務付けられている「歩行者優先」。調査結果を受け、県警などは29日、宇都宮市本町の横断歩道などでドライバーに意識の徹底を呼び掛けた。

 JAFは今年8、9月に、47都道府県で2カ所ずつの横断歩道を対象に調査を実施。横断歩道は交通量が毎分3~8台、制限速度40~60キロ、前後5メートル以内に交差点がないなどを条件に選んだ。職員が平日午前10時~午後4時、1カ所50回ずつ横断して、車が止まるかどうか調査したという。調査の具体的な日時や場所は非公開。

信号機のない横断歩道の一時停止率
順位 都道府県 一時停止率(%) 
1  長 野   58・6 
2  静 岡   39・1 
3  石 川   26・9 
     |   
45  三 重   1・4 
45  和歌山   1・4 
46  広 島   1・0 
47  栃 木   0・9 
全国平均 8・6