やり投げ海老原選手(真岡女子高出、スズキ浜松AC)が引退へ

 陸上女子やり投げの日本記録保持者で、2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪に出場した上三川町出身で31歳の海老原有希(えびはら・ゆき)(スズキ浜松AC)が8日、松山市で行われた愛媛国体で7位に終わった後「私らしい投げが厳しくなってきた」と述べ、今季限りで現役を引退する意向を表明した。

 海老原は真女高から国士舘大へ進んで力をつけ、世界選手権に09年から今年まで5大会連続で出場。11年大邱(テグ)大会は女子投てき種目で日本勢初の決勝進出を果たした。10年アジア大会は金メダル。2度の五輪は予選落ちだったが、日本選手権を9度制するなど第一人者として活躍した。