ホッケー成年男子が初優勝 バスケ成年女子はV2ならず えひめ国体

ホッケー成年男子が初優勝 バスケ成年女子はV2ならず えひめ国体

 第72回国民体育大会「2017愛顔つなぐえひめ国体」第6日は5日、愛媛県伊予市ほかで11競技を行い、ホッケー成年男子は決勝でリーベ栃木が1−1で福井に引き分けた。大会規定で両チーム優勝となり、この種目で県勢初優勝を果たした。バスケットボール成年女子は決勝で白鴎大が55−77で秋田(秋田銀行)に敗れ準優勝。連覇はならなかった。

 リーベ栃木は後半20分にMF山水翼瑳(やまみずつばさ)(北綜警)のクロスをFW大嶋雄飛(おおしまゆうひ)(明大職員)が合わせて先制。しかし同35分、猛攻を仕掛ける福井に同点ゴールを許した直後、試合終了となった。

 前回王者の白鴎大は前半こそ32−32と互角の展開だったが、体格で勝る秋田に徐々に主導権を握られ、終盤に突き放された。

 重量挙げは成年男子69キロ級のスナッチで山根大地(やまねだいち)(日大)が7位入賞。自転車ロード・レース決勝は成年の石原悠希(いしはらゆうき)(順大)が完走者57人中47位だった。