野菜や肉をふんだんに煮込んだ巻狩鍋

 【那須塩原】源頼朝が那須野が原で行った大規模な巻狩をイメージした市内最大のイベント「那須野巻狩まつり」が28日、黒磯の那珂川河畔運動公園で開かれた。約7万人の来場者が、大鍋で調理された巻狩鍋を堪能した。

 昨年は台風の影響で本祭りを中止したため、巻狩鍋の実施は2年ぶり。みそやしょうゆ仕立てで里芋やシメジ、大根などの地元産野菜をふんだんに使って調理した。2千人分の大将鍋のほか、カモ鍋やシカ鍋など10種計9千人分が作られ、販売前から来場者が長蛇の列を作っていた。