認知症の疑いがある高齢者のための、運転チェック項目

 認知症の疑いがある高齢者が自動車を運転することで起きる交通事故が全国的に相次いでいる。家族など周囲の人たちはどのように対応すればいいのだろうか。獨協医大認知症疾患医療センターなどが同大で開催した講演会で講師を務めた国立長寿医療研究センター長寿政策科学研究部の荒井由美子(あらいゆみこ)部長は、定期的なチェックの必要性などを訴えた。 

 荒井部長は、厚生労働科学研究費補助金で作成された「認知症高齢者の自動車運転を考える 家族介護者のための支援マニュアル」の執筆代表者を務めた。

 運転行動は、認知症のタイプによって違いがあるという。例えばアルツハイマー型認知症は、運転中に行き先を忘れたり、駐車や幅寄せが下手になったりする。前頭側頭型認知症では、交通ルールの無視や脇見運転、車間距離が短くなることがみられる。

 「認知症かもしれないという心配がある場合、正確な診断を受けるとともに本人に運転する目的を確認することが円滑な運転中止に向けて大切となる」と指摘。高齢者にとって、運転は単なる移動手段ではなく、生きがいや楽しみとなっていることもある。その場合は代わりの移動手段を見つけることはもちろん、運転以外に好みに合うような楽しみや生きがいを地域で探すことが大切となる。