アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは28日、日光霧降アイスアリーナでデミョン(韓国)と対戦、4-3で競り勝ち、連勝を6に伸ばした。通算成績は9勝6敗、勝ち点24。

 バックスは第1ピリオド1分にFWヨーナス・アランネが先制ゴール。同点の第2ピリオド6分にDF石川貴大、10分にFW寺尾裕道がゴールを奪ったものの、第3ピリオドに反撃に遭い、16分に同点に追い付かれた。しかし、終了間際の19分18秒にDF坂田駿が決勝ゴールを突き刺し、接戦にピリオドを打った。

 バックスは11月3日午後1時から、新横浜スケートセンターで日本製紙と対戦する。