栃木市教委は来年度、市内14の全中学校を対象に、市内統一の英語のスピーキングテストを開始する。県内での実施は初めて。一対一の面接方式で生徒と外国語指導助手(ALT)が英語で対話する。ネーティブな英語を話すALTと対話する機会を設け、生徒の英語の話す、聞く力の向上を図る。来年6月を初回とし、年2回の実施を目指す。

 テストはまず、生徒が事前に提示されたテーマを基にショートスピーチを行い、面接官のALTの質問に答える。自己紹介なども含め、一人3分程度。6月中~下旬、1月下旬~2月上旬の各2週間での実施を想定している。