足利銀行(松下正直(まつしたまさなお)頭取)は26日、営業部門7部1室を統括する「営業本部」を新設するなどの本部機構改革を10月2日に実施すると発表した。足銀総合企画部は「営業部門の全体的な統制を図り、施策展開の整合性を確保するため」と説明している。

 営業部門は、営業推進部内を「営業本部事務局」「営業支援グループ」「営業情報グループ」に再編し、顧客のニーズ開拓を担う機能を強化する。

 営業企画部には、「ダイレクト営業室」を設け、アプリバンキングなどの取り組みや無担保ローンの非対面取引を強化するほか、ITを活用した先進的な金融サービス「フィンテック」を活用した新たなビジネスモデルの検討を進める「フィンテックラボ」も設置する。