日本バスケットボール協会は22日、第93回天皇杯・第84回皇后杯全日本バスケットボール選手権大会の3次ラウンド(同協会主催、下野新聞社など共催)の組み合わせを発表し、男子5回戦から登場するB1栃木ブレックスは11月25日に県北体育館でB2山形と対戦することが決まった。女子の白鴎大も同日、同会場の4回戦でWリーグのトヨタ紡織と当たる。

 3次ラウンドは11月25、26の両日に全国8会場で実施。男子は2次ラウンドを勝ち上がった13チームとB118チームの計31チームが5、6回戦を行う。女子は2次ラウンド突破の15チームとWリーグ12チームの計27チームで4、5回戦を戦い、8強が出そろう。

 ブレックスは山形に勝てば同26日、準々決勝進出を懸けてB2福島とB1滋賀の勝者と対戦。白鴎大はトヨタ紡織に勝てば、東京医療保健大と日立ハイテク(Wリーグ)の勝者と戦う。

 準々決勝以降の最終ラウンドは来年1月4~7日、さいたまスーパーアリーナで行われる。