刺殺された倉井建男さん方を現場検証する捜査員ら=1998年2月28日午後、旧国分寺町(現下野市)小金井

 旧国分寺町(現下野市)小金井で1998年2月、工務店社長の男性=当時(52)=が自宅で殺害された事件で、県警捜査1課と下野署は24日、殺人の疑いで宇都宮市、工務店の元従業員の男=事件当時(57)=を容疑者死亡のまま書類送検した。男の靴から採取した血痕のDNA型が男性の型と一致したことなどから、県警は男を容疑者として特定した。