民進党の枝野幸男(えだのゆきお)代表代行は22日の定例記者会見で、衆院栃木1区の同党公認候補予定者だった柏倉祐司(かしわくらゆうじ)氏が党県連に離党届を提出し除籍となったことについて「バカだな、軽率だな。感想はそれだけ」と述べた。その上で県連が柏倉氏の対立候補擁立を検討していることについて「(県連に)意欲があるとは聞いている。ぜひ立ててもらいたい。私は全力で応援する」と述べた。

 枝野氏は宇都宮市出身で、柏倉氏は宇都宮高の後輩に当たる。前回衆院選では、解党したみんなの党衆院議員だった柏倉氏を民主党(当時)栃木1区の公認候補として擁立するのに尽力した。

 柏倉氏は来月にも行われる衆院選で、小池百合子(こいけゆりこ)東京都知事が支援する新党からの立候補も視野に入れている。