ブレックス・田臥主将ら連覇へ健闘誓う 栃木県庁訪問

 バスケットボールB1の開幕を29日に控える栃木ブレックスの田臥勇太(たぶせゆうた)主将らが21日、県庁を訪れ、福田富一(ふくだとみかず)知事に連覇が懸かる新シーズンの健闘を誓った。

 昨季はBリーグ初代王者に輝いたが、今季はブレックスが入る東地区に川崎やSR渋谷が加わるなどチャンピオンシップ進出チームが集中。福田知事から「勝ち抜くのが大変だ」と心配された田臥主将は「相手が強い方が試合が盛り上がっていい」と頼もしく語った。

 チームは17日までマレーシアで開催されたカップ戦「セリムティアラ チャンピオンズカップ2017」に出場。長谷川健志(はせがわけんじ)監督は「大幅に選手が入れ替わったことで戦術浸透に時間がかかったが、ハードな試合を重ねて形になってきた」と成果を強調した。