鹿沼市花木センターに登場した“コケ車”

 鹿沼市茂呂の市花木センターで24日、鹿沼園芸フェアが始まり、会場にコケで車体を覆った「コケ車」が登場し、来場者を驚かせている。

 軽乗用車を利用しスタッフ3人が遊び心で作った。突起のあるプラスチック部品を車体に取り付け、コケ玉に使うハイゴケ約10平方メートル分を張り付けた。車体後部は切断し小物類や草花を飾り、「小動物の楽園」を演出する凝りようだ。

 来場者にインパクトを与えようと会場入り口の中央に設置。スタッフは「お客さまの反応は狙い通り。フェア期間中、驚きのあるイベントがめじろ押しです」とPRも忘れなかった。