子会社化された宇都宮種苗とウタネの本社=宇都宮市

 人材総合プロデュースのエイジェック(東京都新宿区、古後昌彦(こごまさひこ)社長)は23日までに、レンタル植木・種子製造加工の宇都宮種苗(宇都宮市下栗1丁目)と、野菜種子や園芸用花種子・球根を卸売りするウタネ(同)を完全子会社化した。エイジェックは2016年11月、野球独立リーグ・ルートインBCリーグの「栃木ゴールデンブレーブス」を運営する「栃木県民球団」を設立し、スポーツビジネスにも乗り出しており、本県での事業展開を強化する。

 両社の社長には同グループの事務処理アウトソーシング「リバーベル」社長を兼務する形で青木誠(あおきまこと)氏(63)が就いた。