23日、モスクワで会談し、握手をするロシアのプーチン大統領(左)と米国のボルトン大統領補佐官(ロイター=共同)

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は23日、米国のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)とモスクワで会談した。プーチン氏は冒頭「戦略的安定や軍縮についての協議」を提案。「米国の根拠のない、友好的とは言えない行動には時々驚かされる」と述べ、トランプ米大統領が表明した中距離核戦力(INF)廃棄条約の破棄方針を批判、説明を求める姿勢を明確にした。

 プーチン氏とボルトン氏は、11月にパリで開かれる第1次大戦終結100年の行事に合わせ、米ロ首脳が会談することで一致した。