「路傍の石」の紙芝居をする朗読ボランティア

 【栃木】「オータムフェスタみなみ」が20日、大平南小で行われた。同校児童や保護者、地元住民が集まり、市内団体による朗読やミニコンサートなどを楽しんだ。

 同校PTAなどが主催。学校を開放し、児童、保護者、教職員、地元住民の交流を図ろうと開催。朗読ボランティア団体「はなみずき」が、市出身の文豪山本有三(やまもとゆうぞう)の代表作「路傍の石」の紙芝居などを披露。講師高岩初枝(たかいわはつえ)さんによる「笑いヨガ」教室なども行われた。

 参加した大平町西水代、毛塚正雄(けづかまさお)さん(78)は「童心に帰ったような気分です」とにこやかに話した。